筋テストと触診[下肢編]

¥ 4,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

◯送料/無料 ◯配送方法/レターパック
◯決済方法/クレジットカード、コンビニ支払い

トレーナー&セラピストのためのハンズオンセミナー 筋テストと触診「下肢編」の一部を収録したDVD(2枚セット)です。2日間のセミナーの内、講義部分とデモンストレーションの部分、あわせて約3時間30分を収録しています。
Disc1/約104分 Disc2/約103分

【画質について】当DVDは家庭用ビデオカメラで撮影し長時間を圧縮しDVDに記録し収めているため市販のDVDに比べ画質は劣ります。講師の音声はクリアに聞き取れますが、参加者の方からの質問の声は聞き取りにくくなっております。また、一部映像に乱れる箇所がございます。それらの点を予めご了承頂ますようお願い致します。

◎サンプル動画
http://goo.gl/ZGGntq

日時:2012年6月16,17日
会場:大阪社会体育専門学校
講師:佐藤博紀氏

◎セミナー告知文
今回のセミナーでは、Muscle Activation TechniquesやApplied Kinesiologyで使われる各筋のテスト方法を紹介していきます。股関節から始めて下肢の各筋肉のテスト方法と触診方法を二日間でみっちり学びます。MMT(Manual Muscle Test)で使われるものでは無く、バイオメカニクス的に筋肉の抑制が一番顕著に出るポジションでテストしていきます。例えば、中殿筋・小殿筋・大腿筋膜張筋など、外転筋群として理解されることが多い筋群も、中殿筋であれば股関節の30°外転位でテストするのに対し、小殿筋と大腿筋膜張筋は30°屈曲と外転位のポジションでテストします。また、それぞれの筋肉でストレスをかける方向を変化させることで、同じポジションでも小殿筋と大腿筋膜張筋を区別してテストすることができるのです。今回の講習会に参加する事で、それぞれの筋肉の機能がより明確に理解でき、また確実に触診できるようになるでしょう。また、筋付着部を触診していく事で筋出力と可動域が向上するという面白い体験もできるでしょう。

◎講師プロフィール
さとう・ひろき
NATA-BOC公認アスレティックトレーナー、RISI公認ロルファー、IBA認定ボディートーク施術士、MAT公認スペシャリスト、NASM-PES(パフォーマンス・エンハンスメント・スペシャリスト)。オレゴン州立大学、インディアナ州立大学大学院卒。MLBでインターンなどを行った後、NFL ヒューストン・テキサンズ、NFLEアムステルダム・アドミラルズでアスレティックトレーナーとして働く。現在は大阪市中央区北浜にてセッションルームTENを開設しロルフィング、ボディートーク、ソースポイントセラピーなどを提供している。
http://www.thespaceten.com